生命保険の選び方を学ぶ

掛け捨てと貯蓄型

生命保険を考える時に、ほとんどの方が掛け捨てが嫌と思うことでしょう。損をしている気持ちが大きいからですね。これは私の考え方になるのですが、貯蓄型と掛け捨ては目的を明確にわけて使い分けるのが一番良いかと思います。例えば終身保険。これは完全に貯蓄型保険になるのですが、目的としては葬儀費用として100万円とか200万円を貯める為のもの。もしくは満期後に保険料を据え置く事によって金利がつき、お金自体が増えていくため。あとは学資保険などの短期的な貯蓄を目的に利用する、などの使い道があります。逆に子供が小さくて契約者の年齢が若い場合。これは定期保険を利用するのが良いかと思います。子供が小さい間は万が一の時に準備をするお金の金額が大きくなる傾向にあります。でもこれを終身保険で補おうとすると相当な保険料になってしまうのです。これを掛け捨ての定期保険で補って、子供が大きくなるにつれて保障額を小さく、保険料も安くしていくというイメージです。一概に掛け捨てが損とか、貯蓄型の方が保険としては得をする、といった考え方ではないと言う事ですね。いろいろな意見が飛び交う内容になりますが、私はこのように考えます。やはり生命保険と言うのは自分の為ではなく、大切な家族を守る為に加入をするものですからね。お金ばかりではありませんが、責任を持つという事はこういう事だと思っています。