生命保険の選び方を学ぶ

生命保険の賢い選び方を学ぼう!

万が一の場合に備えておく生命保険と言うのは、一般的な保険と呼ばれるものの総称のような物です。死亡した場合に保険金が降りて来る、というシンプルなもので、医療保険やがん保険などのようにケースによっては保険金が降りない…という事は少ないかと思いますが、生命保険の加入には加入時期やタイミングなどの注意点もあるのが現状です。このサイトでは、生命保険を賢く入る為の順番や知識をお伝えしていきます。生命保険と一概に言っても、実は奥が深く、本当に必要な保障額(死亡保険金)を決めるのは難しいものです。よくテレビでも出てくる死亡保険金3000万円、なんていう言葉もありますが、この保障額についてはその人、家庭によってもまったく違ってきます。まずは正確な必要保障額を算出する事から始めなくてはなりません。でもどうやって決めれば良いの?なんていう言葉も聞こえてきそうです。確かにいくらの保障額にすれば良いのか?こんな事は簡単にわかるものでもありません。どうしても少しでも多い保障額の方が安心、と思ってしまう方も多くなっていますが、これでは保険料がどんどん高くなるばかり。きちんと最低限必要な保障額(死亡保険金)を決めて行きたいですね。このサイトでは、こういった死亡保障はいくら必要なのか?といったコンテンツもご用意していますので、賢い生命保険選びのお役に立ててください。

人が亡くなったらどんな費用がかかるのか?

例えばその世帯の収入を稼いでいる方が亡くなった場合、いったいどのような費用がかかってくるのでしょうか?普通で一番考えなくてはならないケースですね。ほとんどがご主人様になるかと思いますが、この方が亡くなった場合にいったいどのくらいのお金がかかるものなのか?をご説明したいと思います。まずは葬式費用。これは地域や規模にもよりますが、200万円〜300万円程度は必要になると言われています。次に残された方の生活費全般。これは一概には目安がありませんが、生活費に関しては今までかかっていた費用の70%として計算をする事が多くなっています。最後にこれから必要になってくる費用。お子さんがいれば教育費なども含みます。このように、お金の面で一番稼いでいる方が亡くなってしまうと、いろいろなお金の事を考えなくてはならなくなります。これを生命保険を活用してどこまで補填するべきなのか?こういった事を考えながら生命保険選びをしなくては失敗してしまうのです。このサイトではこのような事を考える参考になればと思っていますので、ごゆっくりお読みください。
■参考:学資保険の選び方